読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軍事力評価と釣り合わない北朝鮮が続ける威嚇行為

こんばんわ。北見尚之です。

 

各国から非難が高まる中、北朝鮮がまた弾道ミサイルを発射しました。
緊張と脅威を高める北朝鮮だが軍事力の世界評価はどのレベルにあるのでしょうか。米国の軍事力評価組織GFPが世界127カ所の国と地域のランキングを明らかにしました。

 

それによると23位と周辺諸国に大きく見劣りし、軍事力と全く不釣り合わない威嚇を繰り返していることが明白になった。

GFPは保有兵器や種類などや兵員数、また軍事力の裏付けとなる資源や人口などの要素を総合評価してランキングを算出している。

 

2017年ランキングだと2位以下を大きく引き離して米国が1位。(米国のランキングなのでやはりそうなりますね)そしてロシア、中国が2、3位と続く。
世界で2番目の人口を抱えるインドが軍事力では4位に入り、欧州の伝統的軍事強国であるフランス、英国が5、6位とランキングに名乗りを上げている。

 

我が国日本はこれらに続く7位で、諸外国の「軍」とは一線を画す位置づけの「自衛隊」が、軍事的には世界でも極めて高い近い水準を持つと評価されている。
それ以外にはベスト10内に他にトルコ・ドイツ・イタリアと続く。
北朝鮮と対峙する韓国はベスト10からは外れたが、これに次ぐ11位となっている。近隣国の台湾も19位となっている。

 

一方、北朝鮮はこれらと比べ大きく見劣りする23位という順位になっている。米国や中国など大国を相手に戦火を交えた歴史を持つ同じ社会主義国ベトナムは16位と北朝鮮を引き離す格好となっている。
これらの評価順位から北朝鮮は、軍事力の裏付けがないまま弾道ミサイル発射や核実験などを強行していることがわかる。

 

この威嚇行為は、外交的に優位に立つことを狙ったパフォーマンスなのかもしれないが、客観的に考えても私からは裸の王様がワガママ放題をやっていて意固地になっているようにしか伺えない。

 

時に暴君や独裁者は世界情勢を引っ張るリーダーと鳴り得るかもしれないが彼はそうはならないでしょうね。。。

 

北見尚之