進化し続ける東京駅の周辺

こんにちわ。北見尚之です。

2027年に東京駅前に高さ390メートルの超高層ビルが完成予定です。
都市再生プロジェクトの一環として、東京駅日本橋口前を対象とした再開発プロジェクトが開始されてい
ます。

この計画は、東京駅八重洲口の北側の区画で現在はオフィスビルなどが入っているこの区画に、商業施設
や大規模広場などを新たに建設する予定です。
建設されるビルのうち1棟は高さ390メートルで完成すれば大阪市あべのハルカスを超えて日本一高いビ
ルになります。

区画内には約7000平方メートルの大広場もあり大規模イベントなどにも対応可能となります。
着工は既に始まっており完成するのは2027年頃となるようです。

また、東京駅の逆側で大手町では、大手町フィナンシャルシティグランキューブという地上31階で地下4階
のビルがあり、「SPA大手町」という温泉があります。

この温泉は大手町で進めている大手町連鎖型都市再生プロジェクトで敷地内に温泉が湧出し、源泉名を「
大手町温泉」と命名しました。

地底約1500メートルまで掘削し組み上げた湯のサンプルを温泉研究所が分析した結果、温泉と認定され温
泉は入浴サービスの提供や宿泊施設に利用しています。
災害時には温浴施設として開放することも視野に入れているとのこと。

温泉の温度は36.5度で湯量は毎分240リットル、泉質はナトリウムやヨウ素を含み療養泉に分類され関節の
痛みや神経痛に効果があるとのことです。

何気に大都市東京の目印でもある東京駅周辺でもまだまだ再開発などが進んでいるんですね。
今度、東京駅に行ったらSPA大手町で温泉でも入って帰ろうかな思います。

北見尚之

昆虫食が世界を救う?

こんにちわ。北見尚之です。

世界はこれから爆発的な人口の増加に見舞われ食糧が不足していくのか目に見えています。
約200年前では、人口は10億人未満でしたが、2050年には100億人に達するとも言われてい
ます。

その不足を昆虫でタンパク質を摂取など、昆虫食が密かに盛り上がりを見せています。
その中でウジ虫やイナゴなどを使った代替タンパク質をさまざまな食品に使うことができないか調べて
いる研究者もいます。
最近の研究によると、昆虫食について科学的な研究が進んでおり、約2,000種類が食用になること
が判明しています。

タンパク質の供給をこれからも継続的に維持できる最大の可能性については昆虫と新種の植物にあると
されています。
ある研究者は、野生のニワトリは飼料ではなく、昆虫や幼虫を食べていたので家畜のニワトリのエサに
このウジ虫を混ぜて与えたところ、
その鶏肉の香りや風味また柔らかさなどに何の変化もなかったそうです。

世界的な大規模産業である家畜業界では、穀物に代わる持続可能で環境に優しいタンパク源を求める声
が高まっており、
昆虫やその幼虫は人間だけでなく、家畜のエサとしても大いに役立つ可能性が見出されました。
一方では昆虫を薬として加工している例もあります。

中国には年間60億匹のゴキブリを飼育するゴキブリ牧場があるそうです。
ゴキブリは中国で伝統的な漢方薬の成分で知られており、中国政府は薬としてのゴキブリの効用を認定
しています。
そのため、医薬品のほか、家畜の飼料用のタンパク源としてゴキブリを繁殖させる施設もあります。

将来に食糧危機が訪れたとき昆虫を食べることに抵抗がある人は少なくないと思います。人は先入観に
囚われ必要以上に抵抗を感じてしますのもだからです。
実は、高級エビのロブスターも19世紀の後半までは奴隷や囚人に施される食べ物で貧しい人々のタン
パク源として用いられていました。

近い未来に実は美味しい昆虫や料理による発見がされるのでしょうか、、、自分にはまだ想像がつかな
いですけどね。

北見尚之

さよなら「平成」こんにちわ「令和」

こんにちわ。北見尚之です。

今日に天皇陛下が退位され、明日に「平成」から「令和」に元号に改められます。
そこで元号の変更で何が変わり、どのような影響があるのか。

昭和から平成に変わった時のの変化で振り返りたいと思います。
平成が始まったのは1989年1月8日で前日7日に昭和天皇崩御され元号選定の手続きがとられました。
昭和天皇の体調が悪化していた前年から各種イベントの中止など自粛ムードに包まれましたが、
平成に改元されてからの日経平均株価は、翌営業日である9日から5日間での上げ幅は1,088円となっています。

その年に「平成」が流行語を受賞するなど、バブル景気と新しい時代の到来に対する期待感で、
株式市場は情報通信システムや娯楽業界が好調となり、年末の日経平均終値は過去最高値3万8,915円を記録し、現在でも破られていません。

昭和から平成の改元のきっかけは天皇陛下崩御だったのでその後の展開は早急に行われました。
今回は退位という前もった準備の中で進められるのでその点では平成突入とは大きな違いです。

元号の「令和」に突入することで業績への好影響が期待される業種として考えられているのは、
元号を使うことが多い官公庁や銀行と取引のある印刷業やシステム関連企業などが考えられます。
他には平成を懐かしむCDや書籍などを扱う企業やコンテンツを持っている企業の好業績が予想されます。

行政や企業ではシステムや印刷物の変更の対応に追われることが懸念されています。
早速、北陸銀行で令和元年(2019年)を平成元年(1989年)と一部ATMが誤表示というシステムトラブルが起きました。

システムエンジニアらは連休中でも気が抜けない日々が続いているという。
政府が改元1ヶ月前に発表した大きな理由は、システム改修の時間を確保することで、
昭和から平成の改元時に比べ今の世の中は情報システムが大規模で複雑になっています。

誤表記の内容は、銀行のキャッシュカードでATMで振り込みをしようとすると、本来「2019年5月7日」と表示されるべきところが、「1989年5月7日」と誤って表示されるものです。
予約された振り込みは、連休明けの5月7日に正常に実施され障害は表示だけの問題のようですが、
ネット上では過去に振り込めることになったなどと驚きの声が広がっています。

誤表示は明日の5月1日の改元で解消される見通しでこの程度のトラブルなら実害はないと思われるかもしれないが、
大手電機メーカーのシステムエンジニアが言うには、改元に向けて、各システム会社はテストを繰り返してきましたが、トラブルを100%防ぐことは難しい。
今のシステムはネットを通じて複雑に絡み合っているので、思わぬところに障害が出る恐れがある。とのこと。

特に心配なのは明日の改元当日ではなく連休明けの5月7日だといいます。
10連休というかつてない長期間の休みで、処理すべきデータが大量に溜まります。
それを連休明けに一気に処理する必要がありますが、そのタイミングで障害が起きると大規模なトラブルになりかねません。
システム会社の担当者は、連休返上でトラブルの警戒にあたっている人が多く、連休明けまで気が抜けないとのこと。

中小企業の中にはシステム改修が間に合わず、5月1日以降も平成の表示が続くところがあるとみられています。
いち消費者としては振り込みなどの取引が正常にできているかをチェックし、トラブルがあったとしても落ち着いて行動することが求められます。

また、運転免許証は昨年に有効期限の表記を西暦にすることを決めました。官公庁では改元時の混乱を防ぐためにシステム上の日付を西暦に統一する方向で討議が進められました。
ただし、税や社会保障に関わる行政システムの一部はシステムの変更が間に合わず、改元後も平成を継続使用することが検討されています。

このほかにも、期間が短いことから発行量が少なくなるはずの平成31年硬貨を手に入れるにはどうすればいいのかなど元号の切り替えに関する話題は尽きません。
来年には東京オリンピックパラリンピックが開催され、これから数年間で日本の歴史に新たな1ページが刻まれるような、大きな出来事が予定されています。

令和で日本経済がどのように変わっていくか楽しみな反面で新しい時代の幕開けがシステム障害で混乱するのは避けて欲しいですね。

北見尚之

年金の特例

こんにちわ。北見尚之です。

年金制度には20歳から加入義務となっているが学生時代は納付が猶予される学生納付特例というものがあります。
手続きをしておけば障害年金の支給対象になるが、猶予期間の分はさかのぼって納付しないと老後の年金額増加にはつながりません。

学生納付特例は国民年金の保険料納付が猶予される特例で年金の加入義務が生じる20歳以上で大学、短大、高校、専門学校など各種学校などの学生が対象とまります。
同居の親に所得があっても、本人の所得が一定以下なら保険料の納付が猶予されその間は年金の加入期間として扱われます。

平成26年の実態調査によると、学生納付特例を利用するのは学生全体の66%となり納付特例を利用せずに保険料を納めている学生は22%となっています。
納付者の中には本人に代わり、親が納めるケースもあるようです。一方では手続き忘れのまま未納になってしまうケースもありその場合は、障害基礎年金などの対象から外れてしまいます。

ただし、学生納付特例の手続きをしても老後に受け取る年金額は増えません。
将来の年金額を増やすには猶予から10年以内に保険料をさかのぼって納める必要がありますが、追納をした方がいいかどうか意見が分かれます。
では、追納する保険料と受け取る年金額は実際にはどのくらいになりそうなのか。

社会保険労務士によると現状では、保険料を追納すると老後に年金を10年程度受け取れば釣り合う感じだそうです。
大学を今年に卒業する人の場合の追納分は28年度分が月あたり16,260円で29年度分が16,490円となり仮に2年分だと約39万円になります。
それに対し老後の年金は、65歳の標準受給年齢で受け取った場合は現在の年金額で年で39,000円程度増える計算となりますが、年金の実質価値は今後抑制されることに注意は必要です。

統計によると平成27年に20歳だった男性の平均寿命の推移は81歳で女性の寿命の推移は87歳となり、年金を仮に標準受給年齢の65歳から受け取るとすると、男性は16年で女性は22年受け取れる計算になります。

学生納付特例とは別に低所得で保険料が納められない場合は、保険料が「免除」される制度があります。
本人だけでなく配偶者や世帯主の所得も低いことが要件になります。該当となり手続きをすれば、年金保険料の納付が免除されるだけでなく年金に投入されている国庫負担分が老後の年金額に反映されます。
免除などの手続きをせず、未納にしてしまった年金保険料は通常は2年までしかさかのぼって納められませんが、今年9月までは5年前までさかのぼって納められる特例があります。

年金の受給には一定の加入期間が必要ですが、さかのぼって納付すれば受給資格が得られるケースも多いそうなので一度自分の加入状況などを確認するのはいいかと思います。

北見尚之

「ファン」心理の暴走

こんばんわ。北見尚之です。

先日にプロ野球選手で中日ドラゴンズ松坂大輔投手がファンに腕を引っ張られ負傷することが起こりました。
事態はファンサービスで花道を歩いている最中に起き松坂投手はその影響で古傷を抱える右肩を痛めてしまいキャンプからの離脱しました。
診断の結果、右肩の炎症とわかり2週間はボールを投げれない調整となり開幕での1軍は絶望的となりました。

ファンはそもそも怪我をさせようと思っていたわけではないでしょう。わざわざキャンプ地まで出向いているので純粋に応援したい気持ちだけだったことでしょう。
しかし、結果的には松坂投手と中日に大損害を与えることになりました。

ファンはなぜこのような行動を取ってしまったのか。
ファン心理にとっては松坂投手に対する変な親近感があったのかもしれません。

まずは単純接触効果で、目にする機会が多い選手だけに親しみを覚えやすいという現象です。
「平成の怪物」と呼ばれ高校卒業後から20年にわたって活躍しているとファンにとっての親近感は大きくなります。
ただし、尊敬の対象であれば心理的な距離の近さと遠慮で物理的な距離で程よい距離感になります。
スポーツ選手は私たちにはない特殊な能力がありアスリートなのでで、本来であれば尊敬の対象になるはずですがなぜか遠慮のない距離になってしまった。

遠慮のない距離には群集心理と匿名性が作用されます。群集心理は周りの群衆の影響を受け安易に場の雰囲気に流されてしまうことです。
人は社会を作るために同調や協調という能力を得て、このおかげで組織だった行動が取れますが場の雰囲気が正しくない方向を向いても逆らえずに流されてしまいます。

誰かが尊敬しない雰囲気を作ってしまうとそれが場を支配し同調の効果で心はその雰囲気に流されます。
こうして本来は尊敬している選手に対して遠慮のない態度が取れてしまいます。
責任が群衆に分散され自己責任を意識しなくなり匿名性が高い心理状態で無責任な行動に出てしまいやすくなります。

あとここに副作用のように「自分は素晴らしい」や「自分はすごい」という錯覚も相まってきます。
この錯覚に酔いしれると私たちは高揚した心理状態になってとても気持ちよくなり酔いしれてしまうと癖になります。
ただでさえ現代社会では、私たちはこの錯覚に浸るタイミングはほぼありません。
社会では競争も厳しく、格差社会も広がる中では錯覚に酔いしれるチャンスに飢えている人が増えているかもしれません。

スポーツというのは誰もが評論家気分を味わえます。その中で一部のファンには上から目線の偉そうになって錯覚を楽しむ方もいます。
この錯覚は人を蔑めばますます気持ちよくなるという性質を持っています。

このようにいくつかの事象と心理から妙な親近感を生み遠慮のなく危険な行動に結びつく可能性があります。
ファンは尊敬のあまり残念なところにも注目することはあるかもしれません。厳しいことを言うのは愛情の裏返しで尊敬する思いをなくしてはなりません。

なかにはアイドルを応援する人たちの間で先輩ファンが後輩ファンにマナーを教える文化が根づいていたりします。

実際にはいろいろなシーンでファンの態度に残念に思うことも多々あります。
日本の中に巣食うファン心理や文化として本当に応援する姿勢や態度が本質的にはその業界を活性化させる大事な部分ではないかとも思います。

北見尚之

「赤いきつね」と「緑のたぬき」のバトルに決着

こんにちわ。北見尚之です。

CMでも流れ巷で話題になった「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」の対決「あなたはどっち!? 食べ比べて投票しよう!」キャンペーン。

Web投票に勝った商品は負けた側の具材を取り込み「赤いたぬきうどん」もしくは「緑のきつねそば」として2019年5月ごろ販売するとしキャンペーンが展開されました。
このキャンペーンは「赤いきつね」40周年を記念した企画で中間発表では、赤いきつねが得票率53.0%で、緑のたぬきが得票率47.0%と赤いきつねが若干リードしましたが、
全国での特設ブースで開催された食べ比べイベントでは緑のたぬきが勝利しておりどちらが勝つかまったくわからない接戦を演じてましたが1月31日にキャンペーンが終了し集計結果が発表されました。

最終的に勝ったのは「赤いきつね」で、4000票以上の差をつけての勝利となりました。
うどん文化と言われている西日本の大阪・広島・福岡ではすべてで緑のたぬきが勝っています。
さらにその結果を受けて食べ比べイベントを実施したうどん県の香川でも緑のたぬきがまさかの勝利をしました。
製造販売元の東洋水産は「赤いきつねは勝ってカブトの緒を締め、緑のたぬきにはいっそうの奮起」とコメントし今後も両商品とも製品力を一層の磨きをかけていくとのこと。

結果的に今回のイベントで勝利したのは赤いきつねとなり、当初に掲げた通り負けた緑のたぬき天そばの具材を取り込み、うどんに天ぷらをのせた「赤いたぬきうどん」を2019年5月に全国で発売します。
今後の展開を冷静に考えるとネーミング的にはなんとなく「たぬき」が勝ったようにも見える気がしてしまいます。

何にせよ「赤いきつね」「緑のたぬき」ファンは期間限定の合体作が生まれるのは今から楽しみですね。
最近を振り返るとどん兵衛の方が食することが多かった気がするので、これを気にまた「赤いきつね」「緑のたぬき」でも食べてみようかな。。。

北見尚之

伊香保温泉に「ペヤング」!

こんにちわ。北見尚之です。

群馬県にある伊香保温泉の観光協会と「ペヤングソースやきそば」で有名なまるか食品がコラボし「伊香保温泉ペヤング祭り」が伊香保温泉で開かれています。
伊香保温泉内のイベント会場の石段街には巨大なペヤングのオブジェがそびえ立ち、その下を温泉が流れカップ焼きそばの湯切りに見立てる奇抜な演出が観光客を驚かせています。

まるか食品は昨年の4月から3ヶ月間、東名高速道路の足柄のサービスエリアで「ペヤングジャック」を開催し絶景の富士山を眺めながらペヤングソース焼きそばなどを提供するイベントを行ないました。
訪れた観光客の評判も良く売り上げも伸び好評だったそうです。このイベント内容を知り東京都にある温泉総選挙事務局がまるか食品に打診をし、群馬県の老舗メーカーのまるか食品と同じく、群馬県の老舗温泉街である伊香保温泉がコラボしてイベントを行なうことになりました。

訪れた観光客は「伊香保温泉は初めてで、ネットで温泉を調べていたらペヤング祭りをしていると知って面白そうだと思い来た」とのこと。
意外ですがペヤングのネーミングは、「ペア」と「ヤング」を組み合わせたもので、恋愛成就のパワースポットである伊香保神社との組み合わせも抜群だそうです。
ペヤングの絵馬所やパッケージを模したゴンドラペヤングなども登場し伊香保温泉はペヤング一色に染まっています。

伊香保温泉の観光協会は、話題性のある温泉地としてアピールして若者や訪日観光客を増やしていくためにSNS映えするイベントにしたとのことで、
フォトスポットを用意して情報の拡散を狙いました。12月の祭りから約2週間で訪れた観光客は1割程度増加したとのことで今後も期待しているとのこと。

期間中は共同浴場の露天風呂を時間制で混浴(要水着)にするイベントもあり、混浴温泉用にペヤング柄の水着やフェイスタオルなどのアイテム販売もして集客を収益向上を図っています。

久しく温泉にも行ってないし、ペヤングソースやきそば食べていないことに気づき、まずはペヤングソースやきそばでも買ってきて食べようかと思う今日この事です。

北見尚之