ロングラン駄菓子「5円チョコ」

こんにちわ。北見尚之です。

1984年に登場して5円玉1枚で買えるお菓子として駄菓子屋などで人気を集め幼少期に私も駄菓子屋でよく購入していた「5円チョコ」ことごえんがあるよ。
そんな5円チョコ、実は1個5円の単品売りがされていたのは2007年までで今は100円のパックなどでまとめて販売されています。

販売当時から子供の味方として愛されてきた5円チョコ」には、「どうして5円で売り続けられるのか、なんでお金の形なの、パッケージのキャラクターは何なのか」など、
ナゾが多く取材記事が世に出ることもなくその答えはベールに包まれていました。

しかし発売から34年がたち、取締役会長の対談でついに明らかになりました。販売元はチロルチョコ株式会社ですがあの「チロルチョコ」だということを知らない人も多いと思います。
そもそもなぜ5円のチョコレートを作ろうと思ったのか、発案は先代(2代目元社長)で当時10円のチロルチョコがヒットしていたそうです。
そこで次の新製品を考えたときにさらに安いチョコを作ろうと思ったそうです。発想は単純で10円が売れたから5円も売れるだろうって考えだったそうです。

5円で出すことには、チロルチョコを10円で売るノウハウで、5円チョコに関してはそこまで苦労はなく、単純にチョコのグラムでやれると思い発売に踏み切ったそうです。
ただ、当時から利益はそこまでなく、今はほとんど採算割れのような商品となっている。当時もかなり原価は高く売れたらそこで初めて原価を合わせようという考え方だった。
原価には「食材」「包装費」「製造加工費」の3つの要素があり、この中では「製造加工費」の影響がいちばん大きくなる。
チロルチョコは製造加工費を抑えられているから採算が取れ、製造加工費を低くするため、設備投資をし徹底的に省力化して大量生産をしている。
その数は年間6-7億個にもおよびこれが数百万個だったら採算は合わなくなる。
ただ、5円チョコはそこまで大量生産していなく、ずっと利益が出ない状況であった。そこでチロルチョコと売上を比較すると1%もないという。
となるとあってもなくても良い商品となるが、昔から引き継いでいる商品だから愛着はあるそうです。

なぜお金の形のチョコかは先代が考えでストレートに形で「5円」という価格を分かりやすく伝えるためらしい。
「ごえんがあるよ」というネーミングもまんまの発想だという。袋に書かれているキャラクターは当時から付き合いのある大手印刷会社のデザイン部門の方が考えたようです。

袋の内側に書かれていた「面白占い」は印刷会社から裏印刷ができると言われでは何かやろうかっていう考えだったという。
「ごえんがあるよ」もバリエーション展開を試みたがことごとく売れずに消えていった中で、七夕限定商品は今でもあり「ごえんがあるよ」という名前を七夕の「縁結び」にかけています。
そういう新商品のアイデアは、今では社内の企画部門が考えているそうだが、2-3年前までは会長自らが考えていたそうです。

今後についてはまだ分からず、来年にはやめてるかもしれないという。
いざやめるとなったら駄菓子の「梅ジャム」の終了のときのようにファンから販売継続の声がたくさん集まったように5円チョコもそういう声が多く上がるのでは、
と会長に投げかけるとだったらもうちょっと売れてていいと思うと一言。
何年かに一度ファンレターも届くようで、一番嬉しいのは「食べて幸せな気持ちになりました」っていう。

ブランド調査すると「古臭い」や「駄菓子っぽい」というイメージを持っている人が多いが、
チロルはデザインも駄菓子的な要素をなくして、大人の鑑賞に耐えられるものにしているので、そのようなイメージはない。

そして5円チョコの新商品で「メガごえん」が発売されました。約300個のチョコが1パッケージに入っていますが、会長はずっとやりたかったという。
この「メガごえん」生産性はいいらしく、製造加工費がずいぶん抑えられる、それでも儲かるような商売じゃなく楽しさを伝えることがメインで、これで儲けようなんて思ってないという。
ではチロルチョコ株式会社にとって「ごえんがあるよ」はどんな存在かというと 「盲腸」みたいなもだそうで、あってもなくても良いんだけど、ないと寂しい存在だという。

この対談内容を見て5円チョコについて考えていると、何だか久しぶりに駄菓子屋に行きたくなってきました。

北見尚之

ファミコンは制作者が限界に挑んだ素晴らしいもの

こんにちわ。北見尚之です。

年々家庭用ゲーム機のクオリティ向上に伴いソフトの容量は増加の一途をたどっています。
もはや1本で30GBを超えるようなソフトも当たり前の近年で昨年は約100.GBのソフトもありました。

これに対して、昔に一世を風靡したファミコンソフトの容量は微々たるものです。
全世界で大ヒットした「スーパーマリオブラザーズ」はたった「40KB」だったそうです。現在のスマホで撮影した写真が数MBあることと比較すると驚きの低容量です。
大ヒットRPGの「ドラゴンクエスト」ですら、初代がわずか64KB。二代目が128KB、三代目が256KB、ファミコンでのラスト作の四代目ですら512KBしかありません。

いま考えると「圧倒的に少ない容量」と「粗雑なグラフィックと音」ですが、当時のゲームクリエイターたちの工夫と、徹底した「データのカット」で厳選した内容を詰め込みました。
ドラゴンクエストが登場する前、パソコンではすでにRPGが楽しまれていたが、それをファミコンで再現するのは不可能と言われていました。
それをどう実現できたのか、、、まずキャラに横や後ろを向かせると、その分の容量が使われてしまうので、常に前を向いています。
さらに使う文字を制限しカタカナはたったの「20文字」に抑えました。
その方法は、最初に呪文やモンスターへ自由に名前をつけて、そこで使っているカタカナを洗い出し頻度の高い方から20番目までの文字を選びそこに無い文字は別の文字に変更しました。

最終的に使えたのは「イ・カ・キ・コ・シ・ス・タ・ト・ヘ・ホ・マ・ミ・ム・メ・ラ・リ・ル・レ・ロ・ン」の20文字だけ。
これに「゛」(濁点)と「―」(音引き)の組み合わせを入れ、さらにひらがなと似た「ヘ」や「リ」などをひらがなと共通にすることでさらに文字数を削りました。

ドラクエ1の文字「ひらがなの間にスペースを空け、読点は使わない」
そうなるとひらがなが多くなるので、「ひらがなの間にスペースを空け、読点は使わない」という独特の文章ルールと限られた文字数でセリフであの節が生まれました。

ダンジョンの下へ行くごとに、同じ曲のテンポと音程を下げて恐怖感を演出
さらに音楽は、ダンジョンでは同じ曲でも臨場感を出すため、下の階へ降りるごとに音程が下がり、テンポもゆっくりにしました。
同じ曲のテンポと音程を下げてすことでかえって洞窟としての恐怖感を増すことに成功しました。

ドラゴンクエスト2」では容量が2倍になったもののたった128KBしかなく、それでいてフィールドが格段に広くなり3人パーティへと進化し壮絶な容量節約が徹底されました。
さらに、容量削減でアイテムがカットされ、本来カラッポの宝箱にはアイテムが入っていたそうです。
ドラゴンクエスト3」では、無音で真っ黒な、あまりにシンプルなオープニングで始まりますが、そこには本来アニメーションシーンが入れられるはずだったのです。
海外版では収録されている、その幻のオープニングですがドラクエというよりも、別のアクションゲームのような感覚です。

ファミコンの同時発音数は3までしかなく、同時発音数の少ないファミコンでは音の厚みがなくなりがちです。
そこで例えばサブメロディパートを使って、32分音符単位で素早く音階を変えて鳴らすと不思議と、1音でドとミとソの和音感が生まれました。
この手法は戦闘シーンやダンジョンで用いられ重厚な音のハーモニーが実現しました。

また、ファミコンと言えばもう1つの国民的ゲームでマリオシリーズも忘れてはいけません。
その中でも大人気のスーパーマリオブラザーズの容量はなんと40KBしかなく相当な節約を強いられています。
例えばクリボーは2足歩行で歩いているように見えます。実はこれ1つの画像から出来ています。
アニメーションをさせるには最低でも2つは必要ですが左右を交互に反転させることで歩いているように見せています。
歩きを自然に見せるため、クリボーの体は少し斜めになっているとか。

さらにキノコやフラワー、スターなどは容量を節約するために片方の半分しか描かず、それを反転させて表示していているそうです。
またノコノコに羽だけ生やして、新キャラ「パタパタ」を作ったり背景の雲と草は実は同じ形で色だけを変えて別モノに見せる。
音はエンディング曲もBメロをカットしてAメロの繰り返しで構成したりと、その節制ぶり涙ぐましい努力の結晶です。

難しいゲームも多かったファミコンですがそれも容量が足りないため、やむなく「激ムズ」になっていたようです。
容量が少なく、多くのステージを用意できなかったので、難しくしなければすぐにクリアされてしまうためやむなく高難易度になっていたようです。

あっちを作り込めばこっちが立たずという状況で、「容量」と「締切り」と「やりたいこと」が錯綜する中で最善のアイデアとバランスで名作が生まれました。
そう考えると今の私達はあきらめる前にほんの少しの工夫や頭をふりしぼることで乗り越えられる局面があるはずです。
そんな昔のゲームは今となって尊敬に値しますね。。。

北見尚之

カップ麺にちょい足しのブームにも意外な落とし穴

こんにちわ。北見尚之です。

小腹を満たしたり、主食にもなるカップラーメンや袋麺などの即席麺。
そんな中、即席麺市場の競争激化に伴い毎週のように新商品が登場していますが、そこでカップ麺に簡単隠し味をチョイ足しが密かなブームにもなっています。

いろいろな商品が開発されさらに美味しくなってきたカップ麺ですが、さらにひと手間加えるだけで本格的な味わいを楽しめたり、自分好みの味が作れるのがチョイ足しです。
皆さんの中にも試したことのある人がいると思います。

例えば、、、
○ごま油
鼻に抜けるごま油の香りが、コクと深みを引き立たせます。醤油ラーメンをこってりとさせたり、トムヤンクンのような韓国風な味わいになります。

お酢
サッと一回しかけて食べると味がしまって美味しくなり後味もサッパリします。食欲が落ちている時になど良さそう。

○わさび
ぴりっとしたワサビの辛味とさわやかな風味がカップ麺に実に良くマッチします。さっぱりと食べたい時は、少しだけ入れると美味しく食べられます。鼻に抜けるツンとした辛さがやみつきになります。

○マヨネーズ
まさに王道といった味わい。さすが万能調味料で塩ラーメンにかけても実は美味しいです。特にシーフード系のラーメンとの相性がいいようです。

ケチャップ
カップヌードルの醤油味に、ケチャップを混ぜると、スパゲッティのナポリタンの味になります。最近流行りのトマトラーメンのような味わいになりイタリアンな感じの味に仕上がります。

○魚粉
特に相性がいいのはシンプルな醤油ラーメンです。豚骨系のカップラーメンに入れると魚介豚骨になり、奥行きのある味になります。最近ではちょい足し用の魚粉も発売されています。

○柚子胡椒
これでインスタントっぽさが一気になくなりオトナ味に変身します。 ほどよい塩気に柚子のさわやかな酸味と香りが混じりペロリと食べれます。

オイスターソース
オイスターソースを足すと味が濃厚になります。塩味の魚介系のスープによく合います。

などさまざまなチョイ足しがあります。
ついつい、いろいろと試したくなってしまうカップ麺のちょい足しレシピですが、実は食品の中には、メーカー各社が「入れてはいけない」と注意喚起しているものもあります。
一体、どんな食品なんでしょうか。メーカー各社や日本即席食品工業協会が「入れてはいけない」として挙げているのは、以下の通りです。

・しそ油
エゴマ
・ココナッツオイル(ヤシ油)
亜麻仁油
・「中鎖脂肪酸」を多く含む食品

その理由は、カップ麺には「発泡ポリスチレン(発泡スチロール)」の容器が多いのですが、これらの食品を加えて熱湯を注ぐと、容器が溶けてお湯がこぼれてしまう可能性があります。
つまり、「入れてはいけない」理由は味ではなく容器の問題で避けるべきというわけです。

ちなみに、発泡スチロールはカップ麺に限らず、食品容器に広く利用されている素材です。
この他にもてんぷらのような高温の食品やかんきつ類の皮に含まれる油などに発泡ポリスチレンは弱いことが知られています。

チョイ足しして自分好みにして美味しく食べるのはいいことだと思いますが、何かを足すときにはちゃんと大丈夫な食品かちゃんと考えてから足す必要がありそうですね。

北見尚之

食中毒対策「放射線照射」が日本では禁止理由

こんにちわ。北見尚之です。

暑い夏によく発生する食中毒ですが、サルモネラ大腸菌O157など細菌による食中毒が原因でその件数は増加します。
海外では食品への放射線照射が食中毒予防に効果を上げていますが日本ではこれが禁止されています。

放射線照射は、放射線の透過力の強さと生物のDNAが放射線に弱いことを利用した処理技術で、温度を上げずに細胞分裂を止め殺菌や殺虫などが出来ます。
食品への照射は、海外では農産物の保存や食中毒防止などを目的として使われています。
食中毒防止に効果があるのは、食品内部の細菌もしっかり殺菌できるためで、米国では加熱不十分のハンバーガーが原因700人以上が食中毒を発症し4人が死亡した事件をきっかけに牛肉への放射線照射が始まりました。
ハンバーグなどのひき肉料理は中まで加熱されているか分かりにくいが、照射処理されたひき肉であれば多少生焼けだったとしても安全に食べられる。

日本では昭和47年にジャガイモの芽止めを目的とした照射が許可されたが、一般食品への照射を禁止していた。
まだ照射の安全性が分からなく安全と分かれば順次許可していく方針だったが、ジャガイモ以外の他の食品への照射が検討されることなかった。
日本でも生肉や加熱不十分な肉料理が原因で死者が出る食中毒は繰り返されているが食品衛生法で禁止されたままで検討もされていないのが現状である。

覚えている人も多いと思うが、牛レバーは内部にいる細菌が殺菌できないことで生食での提供が禁止されているが、照射によって内部の殺菌が可能なことが分かっている。
安全にレバーを生食できる方法があるのに、食品衛生法で禁止されているため生レバーが食べられない状況が今でも続いている。

照射は色や香り、栄養素が高品質に保たれることから海外ではスパイスやハーブの殺菌にも使われることが多い。
日本でも全日本スパイス協会が照射の許可を要請しし、審議会で照射について検討し科学的知見の収集と消費者の理解を進めることを今後の課題としていたがその後の進展はない。
ただ、農産物を海外に売り込みたい農林水産省は今年度に検疫処理のために照射技術の研究に予算を付けている。高級果実を高い品質のまま輸出するのに役立つ可能性が期待されるからである。

照射によって安全性を保っている海外の食品は日本では禁止のため輸入時に厳しくチェックされ、照射が判明した場合は回収し廃棄される。
照射が判明したときの回収・廃棄コストは企業負担だが、その結果が商品の価格に転じるなら消費者が負担していることになる。また照射の有無を調べる検査も税金で行われている。

適切に照射された安全な食品が廃棄されるのはなんとももったいない気がする。また、照射によってスパイスは豊かな香りを保ち、南国のフルーツはフレッシュのまま輸入ができるので照射は消費者にとってもメリットがあるはずである。
海外では照射食品にマークをつけ消費者が選んで買えるようになっている。日本でも選びたい消費者が選択できるよう、照射を原則禁止した食品衛生法を見直して消費者に選べる権利を与えてほしいものだ。
また、個人的な意見になるがレバ刺しは早く解禁してほしいところです。

北見尚之

まさにインスタ映え、お皿がキャンパスに

こんにちわ。北見尚之です。

食には食欲を掻き立てる色彩などが大事だと言われています。その中で多く使用されるのが暖色と言われ、
落ち着いた色や温かみのある(茶や赤や黄色系など)色などがドレッシングやソースなどでよく使用されます。

そんな中、鮮やかなブルーなどのドレッシングがケンコーマヨネーズより発売されるそうです。
新商品はインスタ映えなどを意識して開発されており、中でもインパクトが大きいのは鮮やかな青色のオーシャンブルーです。

青色はスーパーフードで藻類の一種である「スピルリナ」由来の天然色素を使用していて、
グレープフルーツの香りと酸味が調和した爽やかな味わいは、サラダだけでなく麺のつけダレやデザートなどにも使えるとのこと。

もう1つ気になるのは赤紫色のレッドキャベツと野菜ビーツを使いレモン果汁の酸味をきかせたラペです。
シャキシャキした食感があり肉料理の付合せやフルーツサラダにも合い、サンドイッチに使ったら鮮やかな赤紫色がまさにインスタ映えしそうです。

ブームでインスタ映えを意識するのもわかるのでですが、食に寒色(青や緑など)を沿えるのは果たして食欲が湧くのか疑問です、、、

北見尚之

コウモリが集団でもぶつからない理由

こんにちわ。北見尚之です。

洞窟などで生活しているコウモリはご存知の方も多いと思いますが超音波を発して周囲の状況を把握しながら飛んでいます。
超音波でも密集している状態だと電波が複層して混乱しまいそうだが、互いに周波数を調節し声色を変えて仲間同士の衝突を防いでいるようです。
それは工場など多くのロボットなどが協調して動く仕組の開発に役立つとも言われています。

コウモリは夜行性で視覚は退化していますが、その代わりに声帯を震わせ喉から超音波を出すことができます。
喉から発した超音波が障害物にぶつかり、はね返ってくる反響音を耳で聞き取り自分との位置関係や大きさまた、動く速さなどを瞬時に把握しています。
暗く見通しが悪い夜間や狭い洞窟内でも物にぶつからず飛びまわり、また餌となる数ミリの小さな虫を捕まえることができまるでレーダーのように機能しています。

ただし、集団の際はそれぞれの個体が超音波を出して、群れの中はさまざまな超音波と反響音が混在することになります。
それはまるで大勢の人が同時に会話をして、目の前の会話相手の声すらよく聞こえないパーティー会場のように騒々しい状況に近いです。
それでも、コウモリは仲間同士で衝突することなく上手に餌を捕食しています。

自分が出した超音波の反響音をきちんと聞き分けているようだが、コウモリの超音波を1匹ずつ調べるのは困難であったが、研究チームが発足されこの謎に挑むことになった。
方法は、超音波を記録できる超小型録音機を開発しこれを日本に多く分布する約30センチ、体重約14グラムのユビナガコウモリに装着して実験を実施しました。
屋内で集団で飛ばす場合と、単独で飛ばす場合のそれぞれの超音波を記録して分析。

結果は集団で飛行した場合の超音波の周波数の幅と、単独で飛ぶ際の周波数では2倍近くに広くなっていた。
それはそれぞれの声が類似しないように声を変えているのと同じで反響音を聞き分けている。
こうして互いに複層を防ぎ、集団で飛んでいても自分の位置を正しく認識し周囲の状況を把握する能力を保ったまま混信を避けられるというシンプルだが効率的な方法である。

混信を避ける超音波センサーの開発などに応用できるのではないかとみており、研究者はほんのわずか周波数を変えるだけの単純な方法で実に効率的に問題を解決していて、
将来的には、多数のロボットが自律的に協調して動く仕組みなどにも役立ちそうとしている。

コウモリってあんなに小さい体で周波数出すというシンプルな仕組みの中に工夫があって、生物の神秘って凄いなって改めて痛感しますね。

北見尚之

客に選ばせない通販サイト

こんにちわ。北見尚之です。

物を買う時に自分で商品を選んで買うのが常識ですが、その常識が巷でのサービスで揺らぎ始めているようです。
客の好みに合わせて商品を提案するなどの「コンシェルジュ」サービスは、店舗でもネットでも一般的になってきています。
そして今度は、あるECサイトによる「ユーザーに商品を選ばせない」スタイルが密かに人気を集めている。
運営側が客の好みを予測し、本人自身も気付いていない「本当の好み」に合わせた商品を送るという仕組みです。
しかも、デジタルのテクノロジーを使って売るのはお菓子という異色の組み合わせで新しいモノの売り方に挑んでいます。

このサービスは、人工の添加物を使わないチョコやクッキーまたはスナック類など健康志向のおやつを百種類以上ネット販売しています。
ここで、実際に試そうとECサイトを訪れると、、、商品の購入ページが見当たらないのです。

初回購入のユーザーではすぐに商品を注文できず、約30問のクイズを答えなくてはならなくなります。
間食の時間や好きな味、お菓子の写真を見てどう思うかなど、ユーザーの嗜好を答えていきます。
全ての回答が終わるとやっとユーザーのマイページが生成されます。その後2-4週間に1度のサイクルで好みに合わせた菓子が宅配されます。
多くの質問に答えないと注文できないのはとても面倒に思えるが、運営側はそれが面白いのか途中でクイズを止める人はほとんどいないそうです。

現会員数は数千人規模にのぼりそのほとんどは20~40代の女性だそうです。健康志向で罪悪感をあまり感じず食べられるお菓子や、
おしゃれな色や基調のボックスも製作し、どんなおやつが届くかドキドキしたり、インスタ映えするデザインが女性に受けています。

ただ、このサービスの真価はユーザーも気付いていない好みを探し出すデジタルテクノロジーです。
運営側は初回に回答したクイズの回答を独自のアルゴリズムを使い嗜好を分析し、1回目のお菓子詰め合わせを送ります。
食べた後にマイページで、それぞれのお菓子に1-4までの星を付けて評価してもらいます。
この情報をさらに個人の味や触感に対する好みを分析し、ユーザーがお菓子を食べて評価を送るほど本当の好みを精密に把握できるようになる仕組みです。

マイページ上では、あなたはこのおやつが好きかもと商品を提案する機能もあるが、商品から食べたい菓子をユーザー自ら選ぶことはできない。
それは嫌いな商品が送られる可能性もあるが、運営側はそれは先入観で当商品を食べてみると意外と気に入ることもあり、
ユーザーの食わず嫌い改善や、自分でも知らなかった好みを発見するきっかけになっていると説明する。

このECサイトは菓子を卸すメーカーにとっても実験場となっていて「菓子のA/Bテスト」と呼ぶ試食システムもあります。
通常では大手メーカーは商品を世に出す前に、調査や試供品を無料で消費者に食べてもらって感想を聞いたりしています。
しかし、このECではメーカーが試作した菓子を通常の宅配するボックスの中に混ぜて消費者に届けます。
街頭で配っているような試供品のように無料ではなく一般商品の一部として売った上でサイト上で評価してもらいます。
これは消費者が商品を選べないというこの販売システムならではの機能です。

通常は試供品を消費者に届けるのに多大なコストを支払います。また試供品は無料にしその後のアンケートをとるのにも時間とコストがかかります。
このECに菓子を卸しているメーカー数十社の多くは中小で、大企業のような大がかりな消費者調査を実施するのは開発コスト的に難しいのです。
さらに試供品が無料であるという性質の関係で消費者は無料でもらった菓子をついついポジティブに評価する場合が多くなります。
グループインタビューなどをすると周りの意見に引っ張られることもあります。
この販売システムだと、商品への評価が次に届くお菓子の中身を左右するのでユーザーは素直に評価してくれます。

収集したデータをメーカーに戻しヒット商品が生まれたこともあるそうです。
菓子の業界では、大手であっても最先端デジタル技術を活用した事例はそう多くありません。
しかも、店舗販売は限られているためどうしても小売りの影響力が強くでて、ネットも大手ECサイトに頼るケースが一般的です。
その中でベンチャー企業が中小メーカーと連携し、消費者の味の好みというデータを武器に戦いを挑んでいくのは、
今後も一見無関係なジャンルや開発などを変える動きが加速しそうで何か楽しみになってきますね。

北見尚之