読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国で広がる安倍首相の迅速対応

こんにちわ。北見尚之です。

昨日朝方、福島県沖を震源に起きた地震で韓国では安部首相の迅速な対応を称賛しうらやむ声が広がっている。
自国の朴大統領は友人の国政介入事件に絡み、危機管理能力の欠如が露呈している渦中で比較してしまう傾向が強いようだ。

地震後の災害対応システムは完璧に近いものだった」と韓国紙は指摘している。朝鮮日報も「早朝の地震でも3分で日本の官邸危機センター稼働」との見出しの記事を掲載している。
特に韓国メディアが注目したのは、アルゼンチンを訪問中の安部首相が地震発生から約1時間後に記者会見し、「対策に全力で取り組むよう指示した」と明らかにし迅速な対応を取った。
地震が少ないといわれる韓国でも9月にマグニチュード5.8の地震が起き他人事ではなくなりつつある。

また、旅客船セウォル号沈没事故時に朴大統領の動静がはっきりしない「空白の7時間」をめぐり、さまざまな臆測が飛び交い、国のトップの緊急時の対応に関心が高まっていることが背景にある。

インターネット上の掲示板では、「安部首相は地球の裏側で1時間後には会見を開いたのに、我が大統領は7時間後にやっと姿を見せて」「これでは勝負にならない」や
「我が国で地震が起きたら、安部首相に指示を受けた方が早いんじゃないか」「安部首相だったらセウォル号事故のときどうしていたかのか。」「救助率99%だったと確信する」という意見まで掲載されている。

やはり人は危機的状況に陥った時にその人の本質や能力がはっきされるようですね。

北見尚之